理解しておきたい!サックスの賢明な選択方法

サックスの特徴に合わせて選択することがポイント

サックスの材質につきましては、真鍮や銀、金など多種多様です。実際のところ同様の金属でも、特徴的な作り込みを実施した場合と、 単に金属をパイプにして適用した場合では異なった楽器になります。 楽器という形で見た場合、材料の特有性を加味した独特な作り込みが、 実行されているかどうかを見極める必要があります。 サックスの作りにおいては、ベルやバネなど多種多様な部分に、 機種毎の加工方法の相違があります。 ハイグレードなモデルには、 クオリティーの良さを求めることから、 バネの材料にまでこだわりを持ち、 響きを向上させるためにベルの加工メソッドを変更したり、 多種多様な取り組みが行われています。 それに対し、入門モデルでは、 ビギナーでも扱いやすく、 吹き易くするためのアレンジがされていますので、自身の状況に応じて選択することが重要になります。

実際的なサックスの選択方法

同じ様なサックスと言ったとしても、 楽器としてのクオリティーは違いますし、 必ずしも販売価格の高い物が優秀という事でもないので、 まず第一に本格的にきちんと作り込まれた状態のサックスを選ぶことが重要になります。ですから、複数製造メーカーのサックスをトライした上で、 時間を掛けて検討されるのが最もお勧めです。 加えて、試奏するところも 最新式の試奏室でテストしてみるのが最善といえます。 それを踏まえて、将来的にどういった音楽に取り組んでいくのか、 予算とのバランスなども意識して、 自分自身にフィットしたものを選択していけば、 長期にわたって愛用することが可能なサックスに会えるはずです。

サックスは木管楽器の一種です。クラッシック音楽、ジャズ、ロック、ポップスなど様々な音楽で使用されます。