自転車をネットではなく実店舗で購入するといろいろなメリットが!

仮組みではなく完成品を購入できる

ネットショップと実店舗での売価を比較した場合、ネットショップの方が多少割安になることが多いです。自転車の場合も同様で、同じ商品だと実店舗よりもネットショップの方が割引率が大きいのが一般的です。ただ、値段の点ではネットショップで買った方が有利ですが、トータルだと実店舗で買った方がなにかとお得です。
その理由として挙げられるのは、まず商品の状態です。ネットショップで自転車を買った場合、ハンドル部分が仮組みとして送られてくることが少なくありません。なぜハンドルが仮組みなのかというと、完全に取りつけてしまうとハンドルの横幅が邪魔になってしまい、梱包用の段ボールに入らなくなってしまうからです。ハンドルを縦にして自転車が真っ直ぐになるよう、わざと仮組みにしているわけです。そのため、到着後に客が自分で本締めを行わなければなりません。実店舗でなら、当然、完成品を購入できます。

コネを作ることで修理やメンテナンス依頼を気楽に

次に挙げられるのは、店とのコネクションです。実店舗で自転車を買い、その店とつながりを持つと、メンテナンスの仕方などわからないことを気軽に聞けますし、ちょっとした修理も頼みやすくなります。一方、ネットで買った自転車をメンテナンスや修理で実店舗に持ち込んだ場合、あまりいい顔をされないことが珍しくありません。
不要になった自転車を引き取ってもらいやすいのも実店舗です。自転車を購入した場合、今まで乗っていた自転車を無料で引き取るサービスを行っている店は少なくありません。

名古屋の自転車のショップは、ショッピングセンター内にあるので、パンクやチェーン切れ等の修理をしている間に、買い物を楽しむことができ、とても便利です。